liqueur

そもそも「リキュール」とはどういうもの?英語・フランス語で「liqueur」と記述するとの事。

テレビを見ていると、またひとつちょっと気になるカタカナ英語が耳に残りました。

「リキュールで作った…」

リキュール。。。

お酒、カクテル類の話題だったので、お酒の一種になるのかとはイメージできますが、そもそもこの「リキュール」とはどういうものになるのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

liqueur

そもそも「リキュール」とはフランス語で「liqueur」と記述して、蒸留酒をベースに、ハーブや果実、砂糖などを加えて調合、ミックスされた混成酒になるのだそうです。フランス語と同様に英語でも「liqueur(リキュール)」として使われるのだとか。

日本の酒税法でも「リキュール」との定義されていて、チューハイやサワー、発泡酒などもこの「リキュール」に分類されるのだそうです。

なるほど。ウィスキーや焼酎などストレートなお酒ではなくて、何かを混ぜて味や風味を加えているお酒になるのですね。
またひとつ勉強になりました。

[link] : 定義 1.リキュールとは リキュール入門 Liqueur & Cocktail サントリー