Ruffle-Cuff-Rib-knit

「ラッフルカフリブニット」とはどういう意味?英語で「Ruffle Cuff Rib knit」と記述するとの事。

某有名アパレルサイトをチェックしていると、またひとつちょっと意味の分からないカタカナ英語を目にしました。

「ラッフルカフリブニット」

かろうじて最後の「ニット」だけは、編み物的な事かと理解できますが、ラッフルカフリブ。。
ちょっと気になったので早速調べてみました。

Ruffle-Cuff-Rib-knit

「ラッフルカフリブニット」とは英語で「Ruffle Cuff Rib knit」と記述して、初めの「Ruffle(ラッフル)」とは、水面が波立つ、しわになる、といった意味の語句で、波立つ、しわくちゃ、といった意味になる模様。「Cuff(カフ)」とは、袖(そで)、袖口との意味。Yシャツなどの袖につける「カフスボタン」のカフと同じ意味になるとの事。「Rib(リブ)」とは本来、肋骨、あばら骨、との意味ですが、リブ編み、と呼ばれる伸縮性のある編み方もいうとの事。編み物を表す「Knit(ニット)」と合わせて、袖が波打った伸び縮みするニット、との意味になる模様です。

なるほど、またひとつ勉強になりました。

[link] : GIRLS ラッフルカフリブニットプルオーバー(長袖) | GU(ジーユー)公式通販オンラインストア