grain

「モルトグレーン」の「グレーン」とはどういう意味?英語で「grain」と記述するとの事。

最近、一日の終わりの就寝前。お疲れ様の寝酒に、少量のウィスキーを飲むことが多くなりました。
国産の安価なお酒で十分なのですが、たまにはちょっと良いものを選んだりもします。先日、バーボンウィスキーを購入して、ラベルなどをチェックしていると、ちょっと気になるカタカナ英語が目に入りました。

「モルトグレーン」

「グレーン」。。。

先日、モルト(malt)は、麦芽(ばくが)と言われる芽吹いた大麦、との事で調べましたが、後半の「グレーン」とはどういったモノになるのでしょうか?
ちょっと気になったので早速調べてみました。

grain

「グレーン」とは英語で「grain」と記述して、粒(つぶ)、粒子(りゅうし)、少量、木目、芝目、布目、などとの意味のほか、宝石などで使われる重さの単位、また、穀物類を意味する語句でもあるとの事。
また更にウィスキーについて言われる件に関して調べてみると、トウモロコシやライ麦、小麦、大麦などの事をまとめて「grain(グレーン)」=穀物、と呼んでいる模様でした。

なるほど。バーボンの主な原料のトウモロコシの事かと思いましたが、トウモロコシのほか、ライ麦や小麦も入っているとの事で、まとめて穀物、=「grain(グレーン)」との表記になるのですね。
またひとつ勉強になりました。

[link] : 「グレーン」とはなんですか? サントリーお客様センター