Shoebill

「ハシビロコウ」とはどういう鳥?英語では「Shoebill(シュービル)」と呼ばれているとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になる動物の名前が耳に残りました。

「動かない鳥で有名な、ハシビロコウが…」

ハシビロコウ。。。

どこかで何となく耳にしたことのある「ハシビロコウ」ですが、これってどんな鳥になるのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

Shoebill

「ハシビロコウ」とは英語では「Shoebill(シュービル)」と呼ばれ、そもそもアフリカ中心部の淡水の沼に生息するペリカン目に属する鳥になるとの事。大人になると、140cmほどの大きさまで成長する大型の鳥類で、じっとしてなかなか動かない事で有名な鳥になるのだそうです。

なるほど、そうでした。全然動かない鳥、との事で見聞きした事のある鳥でした。
またひとつ勉強になりました。

[link] : Shoebill – Wikipedia