チョレギサラダ

「チョレギサラダ」の「チョレギ」とはどういう意味?韓国語で「저레기」と記述される方言になるとの事。

先日、焼肉屋さんに行った時の事、ちょっと気になるメニューが頭に残りました。

「チョレギサラダ」

「チョレギ」。。

焼肉屋さんでは毎度おなじみの、レタスなどを塩味オイルで和えたサラダになるかと思いますが、そもそもこの「チョレギ」とはどういう意味になるのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「チョレギ」とは韓国語で「저레기」と記述して、韓国国内で全国的に「コッチョリ(겉절이)」と言われる、浅漬けのキムチを意味する方言になるのだそうです。一般的に韓国国内で使われる文言ではないとの事。
関連して調べてみると、「チョレギ」のネーミングで初めて商品を発売したのは、焼肉のたれで有名なエバラ食品さんで、チョレギドレッシング、として販売し、全国的に知られるようになったとの事。

なるほど。エバラ食品さん発祥の、半分造語に近い語句になる模様ですね。
またひとつ勉強になりました。

[link] : タレドレ チョレギサラダ | エバラ食品