Garter-stitch

「ガータービッグクルーネックセーター」の「ガーター」とはどういう意味?英語で「Garter stitch(ガーター・ステッチ)」と言われる「ガーター編み」になるとの事。

某アパレルサイトをチェックしていると、ちょっと意味のはっきりしないカタカナ英語が気になりました。

「ガータービッグクルーネックセーター」
「ガーター」。。

「ガーター」と聞くと、女性のストッキングを止めるガーターベルトをイメージしてしまうのですが、そのガーターと同じ意味になるのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

ガータービッグクルーネックセーター

「ガータービッグクルーネックセーター」の「ガーター」とは英語で「Garter stitch(ガーター・ステッチ)」と記述して、立体的な編み目が特徴的な「ガーター編み」との意味になるとの事。「ビッグクルーネック」とは「Big crew neck」と記述して、大きな丸首、との意味。合わせて直訳すると、ガーター編みで大きな丸首のセーター、との意味になる模様です。
ちなみにガーターベルトのガーターも英語で「Garter」と記述するとの事。古いフランス語で、ふくらはぎ、を意味する語句を語源とする語句で、靴下止め、または人名でも使われている模様です。

なるほど、ガーター編み、なる編み方があったのですね。
またひとつ勉強になりました。

[link] : ガータービッグクルーネックセーター(長袖) | GU(ジーユー)公式通販オンラインストア

「アゼクルーネックセーター」の「アゼクルー」とはどういう意味?英語で「crew neck」と記述するとの事。