kamiokande

「カミオカンデ」とはどういう意味?アルファベットで「KAMIOKANDE」と記述するとの事。

ネットニュースをチェックしていると、またひとつちょっと気になるカタカナ英語がありました。

「次世代の素粒子観測施設 ハイパーカミオカンデ の建設に…」

カミオカンデ。。。

なんとなく聞いた事のある名称ですが、そもそもこの「カミオカンデ」とはどういう意味になるのでしょうか?
ちょっと気になったので早速調べてみました。

kamiokande

「カミオカンデ」とはアルファベットで「KAMIOKANDE」と記述して、素粒子ニュートリノを観測する為の装置として、岐阜県の神岡鉱山の地下に作られた研究施設になるのだそうです。神岡鉱山(かみおかこうざん)の神岡(KAMIOKA)に、「Nucleon Decay Experiment(ニュークリオン・ディケイ・エクスペリメント)」=「核子崩壊実験」との意味。または「Neutrino Detection Experiment(ニュートリノ・ディテクション・エクスペリメント)」=「ニュートリノ検出実験」、それぞれの頭文字「NDE」を足して、「KAMIOKA」+「NDE」として、カミオカンデ、と言うのだそうです。

なるほど!科学的な意味のある英語か何かかと思いきや、神岡(かみおか)+NDE、との事になるのですね。
またひとつ勉強になりました。

[link] : 東京大学宇宙線研究所付属神岡宇宙素粒子研究施設