Hủ-Tiếu-Bò-Kho

「フーティユボーコー」とはどういう食べ物?またどういう意味?アルファベットで「Hu Tieu Bo Kho」と記述するとの事。

某有名ショップの広告をチェックしていると、またひとつちょっと気になる料理名がありました。

「フーティユボーコー」

フーティユボーコー。。。

解説から、ベトナム料理になるとの事ですが、この「フーティユボーコー」とはどういう食べ物になるのでしょうか?またその意味は?
ちょっと気になったので早速調べてみました。

Hủ-Tiếu-Bò-Kho

「フーティユボーコー」とはアルファベットで「Hu Tieu Bo Kho」と記述して、前半の「フーティユ(Hu Tieu)」とは、腰の強い米粉から作られる麺で、後半の「ボーコー(Bo Kho)」とは、「Bo(ボー)」とは牛、「Kho(コー)」とは煮込み、との意味で、牛肉を煮込んだベトナム風ビーフシチューになるとの事で、合わせて、米の麺入りベトナム風ビーフシチュー、とのイメージになる模様でした。

なるほど。これはなかなか美味しそうな一品ですね。機会があれば是非試してみたいと思います。
またひとつ勉強になりました。

[link] : Hủ Tiếu Bò Kho – Wikipedia, wolna encyklopedia