Village Vanguard

そもそも「ビレッジ・バンガード(ヴィレッジ・ヴァンガード)」とはどういう意味?英語で「Village Vanguard」と記述するとの事。

先日、街をウロウロしていると、ちょっと気になるお店の看板が目に止まりました。

「ビレッジバンガード」。。

通称「ビレバン」。面白い雑貨が揃っている本屋さん?なのはもちろん知ってますが、そもそもこの「ビレッジ・バンガード」とはどういう意味になるのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

Village Vanguard

「ビレッジ・バンガード(ヴィレッジ・ヴァンガード)」とは英語で「Village Vanguard」と記述して、そもそもニューヨークにあるジャズクラブに由来した店名になるのだとか。ビレバンのオーナー様がジャズ好きで、いずれはお店でライブもやりたい、と考えていたものの、音響が難しく店舗での演奏を断念。BGMで流す事にしたとの事。あの独特な雰囲気はそういったイメージも含まれているのですね。
前半の「Village(ビレッジ/ヴィレッジ)」とは、村、村民、群落、との意味。「Vanguard(バンガード/ヴァンガード)」とは、先陣、先駆者、といった意味になるとの事。直訳すると、先駆者の村、といった意味になり、最先端の商品を揃えた店、最先端の音楽を提供する店、といったイメージになる模様です。

なるほど!そういった意味になるのですね。
目から鱗な新発見でした。

[link] : Village Vanguard
[link] : ヴィレッジヴァンガード