rayon

「レーヨン」とはどういう意味?どういうもの?英語で「Rayon」と記述するとの事。

ネットをうろうろしていると、ちょっと気になる単語に目が止まりました。

「レーヨン素材の洗濯は…」
「レーヨン」。。

ちょこちょこ耳にするカタカナ英語で、洋服などの素材になるかとは思うのですが、そもそもこのレーヨンとはどういう意味になるのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「レーヨン」とは英語で「Rayon」と記述して、絹に似せた人工の繊維で、日本語で、人絹(じんけん)と言われる、人造絹糸(じんぞうきぬいと)になるのだそうです。
木材を主な原料として生産される繊維で、科学的に融解・加工し、繊維化したものなのだとか。

なるほど。紙と同様に木材から出来ている素材なのですね。

[link] : レーヨン素材について | 一般社団法人 化学繊維振興会
[link] : レーヨンの特徴とメリット、デメリットについて|繊維の種類と特徴 – ダイヤクリーニング
[link] : Rayon – Wikipedia