Mandragora

「マンドラゴラ」とはどんな植物?英語で「Mandragora」また「マンドレイク(Mandrake)」とも言われる薬草との事。

ネットをウロウロしていると、ちょっと気になるニュースを目にしました。

「伝説の植物「マンドラゴラ」の花が…」
「マンドラゴラ」。。

なんとも伝説っぽいおどろおどろしい響きの植物らしいですが、どういったものになるのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

Mandragora

「マンドラゴラ」とは英語で「Mandragora」、また「マンドレイク(Mandrake)」とも言われる多くの伝説を持つ植物になるのだそうです。根には神経毒を含んでおり、幻覚や幻聴を伴う魔術や儀式用の薬草として用いられている一方、多量に摂取すると死に至るいう事からも恐れられていた模様です。特殊で奇怪な根の形から、人間にも例えられ、成長すると地面から這い出して徘徊する。引き抜くと悲鳴を上げる。その声を聴くと発狂して死んでしまう。などといった数々の謂れ、伝説があるとの事。
ヨーロッパの地中海地域から中国西部を原産地とするナス科の植物で、春に開花する個体と、秋に開花する個体があるとの事。ちなみに花言葉は「幻惑」「恐怖」とされているとの事で、忌み嫌われている植物になるのかと想像しました。

なるほど。人型のような根っこと毒を含む事で、恐れられていたのかと想像出来ますね。
またひとつ勉強になりました。

[link] : Mandragora officinarum – Wikipedia
[link] : マンドレイク – Wikipedia