duffel

「ダッフルコート」の「ダッフル」とはどういう意味?英語で「Duffel」または「Duffle」と記述するとの事。

アパレル系のサイトをチェックしていると、またひとつ気になるカタカナ英語がありました。

「時代を選ばないダッフルコートで…」
「ダッフルコート」。。

このダッフルコートのダッフルとはどういう意味になるのでしょうか?
ちょっと気になったので、早速調べてみました。

duffel coat

「ダッフルコート」の「ダッフル」とは英語で「Duffel」と記述して、そもそもオランダ語で「Duffel(デュフェル)」と言われるベルギーの地名で、そこで作られる粗いウール繊維で作られた厚めの生地織物の事を言うのだそうです。元々は北欧の寒い環境で働く漁師の仕事着として作られたのだそうですが、その後イギリス海軍の防寒用コートとしても採用されたのだそうです。
一般的なボタンを使用せず、トグル(Toggle)と言われる独特な留め具で閉じられるスタイルが特徴的で、手袋をしたまま開閉できる機能的な構造になっているのだそうです。

なるほど!あの独特な留め具は、手袋をしたまま着脱できるといった意味があったのですね。

[link] : Authentic British Mens and Womens Ladies Duffle Coats | Gloverall
[link] : Duffle Coat History, Details & Buying Guide — Gentleman’s Gazette