Epsilon

「イプシロン」とはどういう意味?アルファベットで「Epsilon」と記述するとの事。

ネットをウロウロしていると、ちょっと気になるカタカナ英語を目にしました。

「いよいよイプシロンが発射に向けて…」
「イプシロン」。。

日本のロケットの名前なのかと理解しましたが、そもそもこの「イプシロン」とはどういう意味になるのでしょうか?
ちょっと気になったので早速調べてみました。

Epsilon

「イプシロン」とはアルファベットで「Epsilon」と記述して、24種類あるギリシャ文字の5番目の文字「Ε」の読み方、名称になるのだそうです。イプシロン、または、エプシロン、とカタカナ読みされるとの事。
ちなみにこちらのロケット名の由来として、歴代のロケットもギリシャ文字から名付けられていた事に加え、オフィシャルの情報によると、「Evolution & Excellence(ロケットシステムの革新・進化・発展)」「Exploration(宇宙の開拓・人類の発展)」「Education(ロケット技術者の育成)」との意味を込め、これらの頭文字を取ったとの事でした。

なるほど、ギリシャ文字の呼び方だったのですね。アルファ、ベータ、あたりまでは知ってますが、24文字すべてに名前が付いているとの事。
いやー、そうでしたか。勉強になります。

[link] : JAXA|イプシロンロケットプロジェクトについて
[link] : 高性能小型レーダ衛星「ASNARO(アスナロ)-2」がイプシロンロケット3号機により打ち上がります(METI/経済産業省)
[link] : ギリシャ文字の一覧